世界文化遺産の登録基準

世界文化遺産の登録基準は6つあります。

世界文化遺産の登録基準

世界文化遺産に登録されるためには、以下の6つ登録基準のうち、少なくともひとつを満たしていることが条件です。

文化遺産の登録基準
(i)人間の創造的な才能を表現する傑作であるもの。
ex.インドのタージマハル、クロアチアのドブロヴニク旧市街

(ii)一定の期間、または世界のある文化圏において、建築・技術・記念碑・街並み・景観デザインの発展において、人類の価値の重要な交流を示しているもの。
ex.アテネのアクロポリス、イタリアのベネチア

(iii)現存する、またはすでに消滅した文化的伝統や文明に関する唯一の、あるいはまれな証拠を示しているもの。
ex.メキシコの古代都市チチェン・イッツァ、チリのラパ・ヌイ国立公園

(iv)人類の歴史の重要な段階を示す建築物、建築様式、技術集合体、または景観の顕著な例と言えるもの。
ex.フランスのモンサンミシェル、中国のラサのポタラ宮歴史地区群

(v)ある文化(ある複数の文化)や人類の環境的相互作用を特徴づける人類の伝統的集落や土地や海洋利用の顕著な例であるもの。特に、回復が困難で、存続が危うい状態にあるもの。
ex.オーストラリアのウルル-カタ・ジュタ国立公園

(vi)顕著で普遍的な価値を有する出来事や現在存続する伝統で、思想・信仰・芸術作品・あるいは文学作品と直接に、または実質的に関連があるもの(本基準は他の基準と関連して適用されるべき基準と考えられている)。
ex.ポーランドのアウシュヴィッツ、バチカン市国

世界文化遺産はICOMOS(イコモス国際記念物遺跡会議)が、調査を行います。

イーツアーイーツアー

▽世界文化遺産の登録基準 のキーワード

▽次の記事、前の記事

世界遺産の種類 | 世界自然遺産の登録基準

イーツアーで海外旅行:新着記事

世界自然遺産の登録基準 : 2008年11月20日
世界自然遺産には4つの基準があります
世界文化遺産の登録基準 : 2008年11月20日
世界文化遺産の登録基準は6つあります。
世界遺産の種類 : 2008年11月20日
世界遺産は文化遺産、自然遺産、複合遺産の3つに分類されます。

▽世界文化遺産の登録基準 のレビューをブログに書く

ブログのネタに使う場合は、以下のリンクソースをブログに貼るだけでOKです。

▽世界文化遺産の登録基準 にトラックバックする

世界文化遺産の登録基準のトラックバックURL:
http://www.webpagesrruss.com/mtcompo/mt-tb.cgi/2

▽世界文化遺産の登録基準 にコメントする

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、
コメントを表示する前に承認が必要になることがあります。
承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

 

 

 


今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

24時間その場で回答、格安航空券が自動予約
海外格安航空券ならイーツアー!!イーツアー
イーツアー イーツアー

Copyright (C) 2008 All Rights Reserved イーツアーで海外旅行